情報発信専門委員会

RA協議会ホームページの組織会員アカウントの発行について

去る 2016/8/31 のRA 協議会の運営委員会で審議され,1組織会員につき1つの編集アカウントを発行することが決まりました.これにより RA 協議会のホームページのトップページに情報を掲出できます.編集画面のアドレス,ユーザ名,パスワードは,各組織の代議員の方にメールを差し上げました.

情報の見え方

トップページ,中央の列の上段,「 シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等)」のコーナーに,新しいものから順に並びます.例は こちら

個別の情報ページのサンプルは以下の通りです.例は こちら

ヘルプについて

疑問・質問,改善への示唆などは こちらの掲示板 に蓄積をお願いいたします.

※ 情報の蓄積と交換,助け合いの場として上記を設けます.
※ 情報発信専門委員会への参加,作業協力の申し出をお待ちいたします.

アカウントを使うにあたっての取決め(案)

取決め(案)

  1. RA 協議会の組織会員にアカウントを発行し(以下これを組織会員アカウントと呼ぶ),現在「シェア(みなさまから頂いた情報)」とカテゴライズする枠内に記事を直接投稿できる権限を提供します.
  2. 組織会員アカウントの各組織における取扱い責任者は,代議員がこれを兼ねるものとします.
  3. 組織会員アカウントによって投稿できる情報は,次の条件を満たすものとします.
    1. 代議員の所属する組織のウェブサイトに掲載されている情報であること
    2. RA 協議会の設置趣旨に合致する情報であること
    3. RA 協議会の事業内容に関連する情報であること
  4. 組織会員アカウントから投稿できる記事の構成要素は「タイトル,情報に関する簡潔な説明文,情報源へのリンク」とし,情報の実質についてはリンク先に移動して閲覧するものとします.また問い合わせ先(機関名称,担当者名等)の明記を必須とします.
  5. 掲載記事は情報発信委員会の判断で掲載を削除する場合があります。

メモ

項目3条件1の設定背景は,<当該情報を掲出することに伴って発生する作業と責任>のすべてを掲出者ご本人に直結させるための条件の整理を意図しています.従いまして,RA 協議会のホームページには,情報の中身そのものを書き込まず,かならずご自身の所属大学の公式サイトに呼び寄せて(ジャンプして / リンクして)から情報を提 供するような手順を保ってください.

今回発行するアカウントは,大学等の「組織」に対応します.会員各組織から選出された代議員各位におかれましては,パスワード等を目の届く範囲で管理していただけますようお願いいたします.記事作成の実作業については,担当を定めて権限を委譲するなどして行われるものと推察いたします.各組織における具体の手続きについては,これを代議員の皆様にお任せいたします.

  • 記事作成者: 岩崎 琢哉
  • 最終更新日:
  • カテゴリ: