リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

-->