信州大学COIアクア・イノベーション拠点 第6回シンポジウムのご案内《東京開催・12/21(金)》

flyer_6th_coi.jpg

信州大学アクア・イノベーション拠点(COI)では、 第6回となるシンポジウムを2018年12月21日(金)に東京で開催します。

 信州大学アクア・イノベーション拠点では、海水淡水化に向けたナノカーボン膜の研究を中心として、革新的な造水・水循環システムの実用化を目指して研究推進しています。プロジェクト開始から6年目となり、特色ある成果を得て、実海水などを用いた海水淡水化プラントでの検証レベルに到達できる運びです。
 一方で拠点としては、研究成果を基に、再生水やかんがい用水システムへの展開のような課題にも取り組んでいます。
 今回のシンポジウムでは、招待講演及びプロジェクトの報告とともに、ポスターセッションによる成果の技術マッチングを行い、未来の豊かな水循環型社会の構築に向けた貢献を実現してまいります。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

こちらからチラシをダウンロードできます。
第6回シンポジウムチラシ.pdf

 入場無料ですが、事前登録が必要です。
(シンポジウム:先着200名、意見交換会:先着100名)
参加をご希望の方は、お申込フォームまたはメールにてお申し込みください。

【お申込み】
 お申込フォーム:こちらをクリック

 メール:以下の内容を明記し、coi_info@shinshu-u.ac.jp までお申し込みください。
   ①お名前
   ②ふりがな
   ③所属機関名・役職
   ④電話番号
   ⑤メールアドレス
   ⑥意見交換会の出欠


 プログラムは以下の通りです。最新情報はこのサイトでお知らせ致します。

**********************************************************************************

『世界の豊かな生活環境と地球規模の持続可能性に貢献するアクア・イノベーション拠点 第6回シンポジウム』
       ~造水・水循環システムの革新に向けて~

◆日時 2018年12月21日(金) 13:00~17:45(受付開始・ポスターセッション 12:00~)

◆会場 イイノホール&カンファレンスセンター Room A
    (東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階)

◆プログラム
12:00~13:00 ポスターセッション(コアタイム)

13:00~13:15 開会挨拶 濱田 州博(信州大学 学長)
         来賓ご挨拶 文部科学省(予定)
         佐藤 順一 氏(COI STREAMビジョン3 ビジョナリリーダー/日本工学会会長)

13:15~15:15 <第一部 研究開発の概況報告>
 プロジェクト説明 都築 浩一 (プロジェクトリーダー/株式会社日立製作所)
 概況報告
 「ナノカーボンを用いたRO膜の新機能と応用」 遠藤 守信(研究リーダー/信州大学特別特任教授)
                       手島 正吾(高度情報科学技術研究機構 計算科学技術部長)
 「分離膜の分析・評価方法」 前田 瑞夫(理化学研究所 前田バイオ工学研究室 主任研究員)
 「安全な水を創る信大クリスタル」 手嶋 勝弥(サブ研究リーダー/信州大学教授)
 「表面重合膜の開発」木村 睦(サブ研究リーダー/信州大学教授)
 「タンザニアの水環境と水のフッ素汚染調査」中屋 眞司(信州大学教授)
 「水大循環メカニズムと活用」高橋 桂子(COI-S研究リーダー/海洋研究開発機構地球情報基盤センター長)

15:15~15:35 休憩・ポスターセッション

15:35~16:35 <第二部 招待講演>
 「海水淡水化の現況と今後」 岩橋 英夫 氏(三菱商事株式会社/日本脱塩協会 会長)
 「水の再利用―広がる役割と課題」 田中 宏明 氏(京都大学大学院工学研究科 教授)

16:40~17:40 <第三部 パネルディスカッション>
 「新しい分離膜の水処理・社会実装への期待」
    モデレータ:上田 新次郎(エグゼクティブアドバイザー/信州大学特任教授)
    パネリスト:岩橋 英夫 氏(講演者)
          田中 宏明 氏(講演者)
          大熊 那夫紀 氏(一般財団法人造水促進センター 専務理事)
          鍋谷 浩志 氏(農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門長)
          辺見 昌弘(サブプロジェクトリーダー/東レ株式会社理事)

17:40~17:45 閉会挨拶 中村 宗一郎(信州大学 理事)

17:50~18:50 意見交換会 同センター4階 Room B(会費2,000円・要事前申込・先着100名)

**********************************************************************************

お問い合わせ:信州大学アクア・イノベーション拠点
TEL 026-269-5773

  • この情報を提供する組織会員機関: 信州大学
  • 担当者氏名:信州大学アクア・イノベーション拠点支援課
  • 担当者メールアドレス:coi_info@shinshu-u.ac.jp
  • 担当者電話番号(直通):026-269-5773
  • 最終更新日:
  • カテゴリ:
シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) 【12/13開催】CoPURA第5回ミーティングを開催します (2018. 11. 20) 【開催案内:文部科学省】大学トップマネジメント研修公開セミナー~研究大学の将来と課題~(12/6(木)開催) (2018. 11. 14) 信州大学COIアクア・イノベーション拠点 第6回シンポジウムのご案内《東京開催・12/21(金)》 (2018. 11. 09) 【ご案内】電気通信大学シンポジウム「ネットワークを起点とした異分野協働」(11/29)のご案内 (2018. 11. 06) GAPFREEプロジェクト(産学連携、創薬研究プロジェクト)、AMED矢口主幹より周知依頼 (2018. 10. 30) 【募集】京都大学学術研究支援室(KURA)  URA(特定専門業務職員)を募集(11/26締切) (2018. 10. 30) フォーラム:拡げよう、データライブラリアンの輪~オンライン講座「RDMサービスの設計と実践」の開発と試用~ (2018. 10. 10) 「Human Frontier Science Program 説明会」について (2018. 09. 28) 【文部科学省】リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会 (2018. 09. 25) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では助教(URAキャリアパス)(工学系主担当)を募集します。 (2018. 09. 21) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では国際学術広報主担当URA(教授・准教授・助教)を募集します。 (2018. 09. 21) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では農学系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 09. 21) 横浜国立大学先端科学高等研究院特任教員(助教)公募 (2018. 09. 21) 【海外URA組織年次大会参加報告】「第24回EARMA年次大会セッション企画・開催」(2018年4月16日〜18日、ブリュッセル)[京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学] (2018. 09. 18) 学術研究フォーラム第9回学術シンポジウム「オープンサイエンスの展開」 (2018. 09. 12) OIST人材募集(契約業務) (2018. 09. 10) 【教員採用案内】徳島大学 産学連携コーディネーター (2018. 09. 05) OISTクロスカルチャー奮闘記 質問募集!(RA協議会第4回年次大会) (2018. 09. 04) 【大阪大学URA公募】「研究データ分析による大学経営支援」を中心とした複数業務担当/ 准教授・講師・助教相当 (2018. 08. 09) 平成30年度「戦略的国際脳化学研究推進プログラム」に係わる公募(二次公募) (2018. 08. 08) 日本学術振興会(JSPS)任期付職員採用情報(広報) (2018. 08. 03) 【長崎大学】リサーチ・アドミニストレーター(URA)を募集します (2018. 08. 03) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では農学系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 07. 30) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では国際学術広報主担当URA(教授・准教授・助教)を募集します。 (2018. 07. 17) (更新)筑波大学URA公募情報 (2018. 07. 10) 【JST未来社会創造事業】平成30年度研究開発提案募集のお知らせ (2018. 06. 20) リサーチ・アドミニストレーター協議会スキルプログラム専門委員会 「資格認証ワーキンググループ」報告書の公開について (2018. 06. 19) 【開催案内:文部科学省】「大学トップマネジメント研修」公開セミナー~大学改革の行方~(6/29(金)開催) (2018. 06. 15) 日本学術振興会分析調査員の公募について (2018. 06. 15) 日本初4日間EUグラントトレーニング(7月9日~12日)東京・大阪 (2018. 06. 05)