【2020.2.7開催】(公財)助成財団センター2019年度『助成財団フォーラム』開催のご案内

公益財団法人助成財団センターからのご案内です。

2019年度助成財団フォーラム(2020.2.7開催)

助成財団に望まれるアウトリーチ活動を考える
    ―現場との対話を通して社会的理解の促進へ―

日 時                                      
2月7日(金)13時00分~17時55分(受付開始は12時30分から)
場 所
大手町ファースト スクエア カンファレンス「イーストタワー」
東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア Tel 03-5220-1001〈地図

来賓ご挨拶
「公益法人に関する直近の課題・動向について」(仮題)
   内閣府 公益認定等委員会事務局 局長   山内 達矢 様
第1部:
基調講演I「助成財団が必要とするアウトリーチ活動を目指して」
   (公財)秋山記念生命科学振興財団 理事長 秋山 孝二さん
基調講演II「米国における助成財団のアウトリーチ活動の現状」
   (公財)笹川平和財団 常務理事 茶野 順子さん

第2部:助成財団のアウトリーチ活動 事例報告
進行:(公財)三菱財団 常務理事 渡邉 肇さん
報告1 助成対象者を現地に訪問し、助成活動の理解を深める
    (公財)キリン福祉財団 常務理事・事務局長 太田 健さん
報告2 助成対象者の交流の機会を用意する
    (公財)渥美国際交流財団 理事・事務局長 角田 英一さん
報告3 現場にでかけて助成プログラム開発のための調査活動によりニーズを探る
    (公財)みんなでつくる財団おかやま 専務理事 石田 篤史さん
報告4 助成の成果や公募の情報を広く関係者に伝え、助成に対する理解を深める
    (一財)キヤノン財団 事務局長 星野 哲郎さん
報告5 助成対象者の成果を広く社会(関係者)に伝える
    (公財)住友財団 常務理事 蓑  康久さん
    (公財)サントリー文化財団 顧問 今井 渉さん
報告6 複数の財団が現地に出向き、助成に関して地域との理解を深め交流する
    NPO支援財団研究会→報告は、(公財)トヨタ財団 事務局長 大野 満さん

第3部:意見交換会
進行:(公財)助成財団センター 理事 渡辺 元
閉会挨拶

交流会
会 費
【フォーラム参加費】 会員1名につき   8,000 円
           非会員1名につき 11,000 円

※1月24日(金)までにFAXにてお申込みください

【交流会参加費】   お一人 4,000円 (一般および会員とも)

開催趣旨・プログラム詳細 
参加申込書 

  • 担当者氏名:公益財団法人助成財団センター事務局
  • 担当者の所属先: 公益財団法人助成財団センター
  • 担当者メールアドレス:apply@jfc.or.jp
  • 担当者電話番号(直通):03-3350-1857
  • 情報作成日:
  • 最終更新日:
  • カテゴリ: