【URA公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では准教授(URA)又は助教(URA)(理系主担当)を募集します。

信州大学では准教授(URA)又は助教(URA)(理系主担当)を募集します。

● 募集職種:准教授(URA)又は助教(URA)
● 募集人員:1名[工学系1名(長野(工学)キャンパス)]
● 業務内容:工学部5学科(物質化学科、電子情報システム工学科、水環境・土木工学科、機械システム工学科、建築学科)、総合理工学研究科(工学専攻、生命医工学専攻)、等における研究支援等の業務を担当。
1)研究支援:本学の研究活動の調査・分析、国地方公共団体等の政策・競争的資金の情報収集、研究費獲得のための申請書の作成支援、重点領域や戦略的研究企画等の提案、次世代研究テーマの創出・育成支援、知財マネジメント、コンプライアンス・チェック、他
2)地域連携:産学官民の連携による研究開発プロジェクトの創出及びプロジェクト・マネジメント、連携開発拠点の形成や組織の運営支援、ベンチャー支援、他
3)FD/SD活動等:学内の教職員に対する研修、産学官連携及び知的財産等に関するセミナー、他
4)その他:上記1)-3)の推進に必要な競争的資金の獲得及び契約・運用支援、必要な学内外ネットワークの形成、人材育成(若手スタッフ及び外部パートナー育成)、成果の発信等の関連業務(広報・イベント)、本事業に必要な庶務等、他
●任期:任期は原則5年とする(博士の学位を有していない者の場合は,原則として当初3年の任期とし,その後2年の契約期間更新を行い,合わせて5年間の期間とする。)。
任期中、年次評価を行い、着任5年目に任期の定めのないURAへの異動について検討するための最終評価を実施する。最終評価の結果に基づき、任期満了後、任期の定めのない教員〔助教(URA)、准教授(URA)又は教授(URA)〕として採用する。また、着任から2年を経過した者のうち、特に顕著な業績をあげた者を対象に中間評価を実施し、評価結果に基づき早期に任期のない教員〔助教(URA)、准教授(URA)又は教授(URA)〕として採用する。

応募資格、雇用条件などの詳細は、下記URLをご覧ください。

https://www.shinshu-u.ac.jp/guidance/office-worker/

学術研究・産学官連携推進機構 准教授(URA)又は助教(URA)(工学系主担当)公募について【応募締切:2019年5月31日(金)正午必着】

  • 担当者氏名:信州大学 学術研究・産学官連携推進機構リサーチアドミニストレーション室
  • 担当者の所属先: 信州大学
  • 担当者メールアドレス:URA2S@shinshu-u.ac.jp
  • 担当者電話番号(直通):0263-37-2061
  • 情報作成日:
  • 最終更新日:
  • カテゴリ:
イベント情報 【開催案内】英語による科研費獲得解説とキャリアに関する講演(名古屋大学 2019年7月22日) (2019. 07. 17) 【開催案内】ORCID Japan Workshop 2019(2019.06.28開催) (2019. 06. 19) 【開催案内】公開研究会(6/15)『責任ある研究をどう進めるか:研究倫理の現状と課題 第2回』 (2019. 06. 07) (公財)助成財団センター 6・7月定例研修懇談会/2019年度 新任職員・スタッフ研修会のご案内 (2019. 06. 03) 「JST未来社会創造事業 橋渡し人材との意見交換会(事業説明会)」開催のご案内 (2019. 04. 03) 【開催案内:JST】イノベーションハブ構築支援事業報告会-国立研究開発法人が創る新たな研究開発手法・産学官連携手法とその展開-(4/24(水)開催@秋葉原コンベンションホール) (2019. 03. 26) リサーチ・アドミニストレーター新任研修2019 (5/30) 開催のお知らせ (2019. 03. 25) 【開催案内】「研究者のためのターゲティング・ストラテジー」@筑波大学 (2019. 03. 18) 【開催案内】学術政策セミナー ー研究力を引き出すためにー (大阪大学 3/1(金)・3/8 (金)開催) (2019. 02. 18) 2/28 19:00 ノーベル賞広報の舞台裏~左京区からストックホルムまで~(金沢工業大学 虎ノ門キャンパス) (2019. 02. 07) 【開催案内】SRAI/ARMS主催 Meeting on "Disruptive Trends in Global Research Management"(ハワイ) (2019. 02. 07) 【開催案内】第5回人社系フォーラム「人文・社会科学系研究を振興するファンドとその支援 −これからの社会を共創する人社系研究のために−」(2019年3月19日) (2019. 02. 04) (2/15)人文社会系分野における研究評価指標シンポジウム ~シーズからニーズへ~ (2019. 01. 30)