【開催案内】奈良先端大 研究推進機構主催国際シンポジウム 「世界にみる大学強化のための研究推進体制と戦略」

日本の大学において、研究力強化に向けた研究推進のための様々な取り組みがな
されています。その一つとしてリサーチアドミニストレーターの導入が進めら
れ、各大学の方針のもと多様な業務に活用されています。同時に、各大学での研
究推進体制の強化に伴い、大学間で組織体制や戦略の多様化が進んでいます。
本シンポジウムでは、欧米豪の大学において運営管理の優れた実績を持ち、アド
ミニストレーターの学会代表や役員を務める方々に加え、先駆的で特色ある体制
作りを進めている国内の大学から講師を招き、各地域や大学での取り組みについ
て紹介していただくとともに、今後の大学強化に向けた研究推進体制と展望につ
いて議論していただきます。


◆日  時:平成30年2月6日(火)13:00~17:35
      ※12:30~受付開始
◆場  所:奈良春日野国際フォーラム 甍 ~I・RA・KA~ 能楽ホール
      (奈良市春日野町101)
      http://www.i-ra-ka.jp/iraka/access/
◆参 加 費:無料(定員500名 申込先着順)
◆開催内容:※日英同時通訳あり
 ◇開会挨拶
   学長 横矢 直和 
   
 ◇来賓挨拶
   文部科学省

 ◇講演
 ●「北米およびイェール大学における研究推進体制(仮)」
   Joanne Bentley
   (イェール大学 Faculty Research Management Services ディレクター)

 ●「欧州およびブリストル大学における研究推進体制(仮)」
   David Langley
   (ブリストル大学 Research and Enterprise Development ディレクター)
    Lorna Colquhoun
    (ブリストル大学 Research and Enterprise Development 起業担当ディレクター) 

 ●「ロンドン大学東洋アフリカ研究学院における研究推進体制(仮)」
   Silke Blohm
   (ロンドン大学 東洋アフリカ研究学院 Research and Enterprise Office ディレクター)

 ●「北海道大学における研究推進体制(仮)」
    山﨑 淳一郎
   (北海道大学 URAステーション長)

 ●「京都大学における研究推進体制(仮)」
   佐治 英郎
    (京都大学 学術研究支援室(KURA)室長)

 ●「奈良先端科学技術大学院大学における研究推進体制(仮)」
   飯田 元
   (奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 研究推進部門長)

 ●「SRAの活動状況について(仮)」
   Cindy Kiel
(SRA会長 カリフォルニア大学デービス校Executive Associate Vice Chancellor for Research Administration)

 ●「ARMSの活動状況について(仮)」
   Campbell Thomson
   (ARMS会長 西オースラリア大学 Office of Reserch Enterprise ディレクター)

 ◇パネルディスカッション
  ファシリテーター:三宅 雅人
           (奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構 准教授)

  パネリスト:Joanne Bentley、David Langley、Lorna Colquhoun、Silke Blohm、山﨑 淳一郎、佐治 英郎、飯田 元、Cindy Kiel、Campbell Thomson

 ◇閉会挨拶
   理事・副学長 箱嶋 敏雄

 ◇情報交換会(会費無料)
   奈良春日野国際フォーラム内の別会場にて

◆詳細・申込方法:下記HPをご覧ください。
 http://www.ura-sympo.jp
◆問合せ先:
 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構
 TEL:0743-72-5644 
 E-mail:ura-sympo@rsc.naist.jp
◆主  催:国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構

  • 担当者氏名:国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学 研究推進機構
  • 担当者の所属先: 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
  • 担当者メールアドレス:ura-sympo@rsc.naist.jp
  • 担当者電話番号(直通):0743-72-5644
  • 情報作成日:
  • 最終更新日:
  • カテゴリ: