【海外URA組織年次大会参加報告】「第24回EARMA年次大会セッション企画・開催」(2018年4月16日〜18日、ブリュッセル)[京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学]

2018年RA協議会年次大会(神戸)では、国際担当専門委員会セッションが4枠企画され、そのうちの一つR-2セッションには、欧州の研究支援者(URA)団体であるEARMA(European Association for Research Managers and Administrators)のNik Claesen氏(Managing Director)が登壇者として招聘されます。ここ数年、EARMAとRA協議会のそれぞれの年次大会において、有志の個人会員が共同セッションを企画・開催してきました。遅ればせながら、一例として、2018年4月のEARMA年次大会参加の報告をいたします。

2018年4月16〜18日に、ベルギー・ブリュッセルでEARMA)第24回年次大会において、日本国内の大学(京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学)の有志RA協議会会員とアムステルダム大学、ロッテルダム・エラスムス大学、ポーランド科学アカデミーとの共同セッション「Globalisation and Competitiveness as a Challenge for RMAs: Views from Europe and Japan」が企画・開催されました。

日本側を代表して、京都大学学術研究支援室(KURA)より研究者のモビリティ(流動性)促進に向けた課題と、日本の大学の在欧オフィスを活用した日欧共同研究支援について紹介がありました。

続くパネルディスカッションや約50人のセッション参加者を交えた質疑応答では、国際化を身近な課題とした活発な議論がなされ、「研究者のモビリティを高めるために今後も日本のURAと密に情報・知識交換を進めながら協働していきたい」というアプローチが多く寄せられました。

・関連リンク:

https://www.kura.kyoto-u.ac.jp/act/351(京都大学)

https://www.ura.osaka-u.ac.jp/international/20180507.html(大阪大学)

http://www.kobe-u.ac.jp/NEWS/info/2018_05_14_01.html(神戸大学)

・セッションの動画はこちら(Youtube)

  • 担当者氏名:三代川典史
  • 担当者の所属先: 国立大学法人 広島大学
  • 担当者メールアドレス:miyokawa@hiroshima-u.ac.jp
  • 担当者電話番号(直通):082-424-4427
  • 情報作成日:
  • 最終更新日:
  • カテゴリ: