【海外URA組織年次大会参加報告】「第25回EARMA年次大会セッション企画・開催」 (2019年3月27日〜29日、ボローニャ)[京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学]

2019年RA協議会年次大会(@電気通信大学)では、昨年に引き続き国際専門委員会セッションが設けられ、海外からの講演者が招聘されます。また、2020年5月にはRA協議会主催のINORMS世界大会の広島開催も控えております。一方、有志のRA協議会個人会員の方々も活発に、海外のURA組織の年次大会に参加されています。以下、その一例まで。

2019年3月27〜29日にイタリア・ボローニャで開催された研究支援者団体 European Association for Research Managers and Administrators(EARMA) 第25回年次大会にて、日本国内の大学(京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学)の有志RA協議会会員が、アムステルダム大学、ロッテルダム・エラスムス大学、フランス政治学院、コズミンスキー大学(ポーランド)との共同セッション「Re-Connecting Social Sciences with Society: The Role of RMA's」を企画・開催しました。

パネルディスカッションには、日本からは京都大学学術研究支援室(KURA)の佐々木結URA、大阪大学経営企画オフィスのクリスチャン・ベーリンURAが登壇し、欧州委員会や日本のSoceity 5.0等の日欧政府の施策の動向をふまえつつ、社会課題解決にむけた人文社会学の役割とURAによる支援の課題について、約50名のセッション聴講者を交えて活発な意見交換を行いました。

また本大会では、2020年にアジアで初めて開催が予定される「INORMS(International Network of Research Management Societies)2020」(5月、広島)のプロモーションに、大会に参加した各大学も協力しました。大会のオープニングではINORMS 2020の紹介を行い、また設置された宣伝ブースには100名を超える来訪がありました。

今後も、このような国際的な研究支援者団体との交流を通じて国際的な課題解決にむけた連携を深め、また得られた知見はRA協議会を通じて広く日本のURAに情報発信をしてゆきます。

※EARMA年次大会は、欧州のリサーチマネージャー・アドミニストレータ ー(URA)約900人が集い、欧州の研究動向に関する最新の情報を交換する機会です。第25回大会は、2021年から開始される 欧州の学術Horizon Europeのフレーム ワーク、英国のEU脱退(Brexit)にともなう学術界への影響と対応といった欧州全体の最新動向に関する基調パネルをはじめ、プレアワード、URAの人材育成、IR、広報、グラントライティング研修など、約70のセッションが実施されました。

・関連リンク

https://www.kura.kyoto-u.ac.jp/act/479  (京都大学)

https://www.ura.osaka-u.ac.jp/urasystemdevelopment/20190403.html (大阪大学)

・セッションの動画はこちら(KURA youtube)

https://www.youtube.com/watch?v=YTQztmfypl8

25thEARMA_venue.jpg

第25回EARMA年次大会会場

25thEARMA_opening.jpg

オープニングセッションでのINORMS2020紹介

  • 担当者氏名:三代川典史
  • 担当者の所属先: 国立大学法人 広島大学
  • 担当者メールアドレス:miyokawa@hiroshima-u.ac.jp
  • 担当者電話番号(直通):082-424-4427
  • 情報作成日:
  • 最終更新日:
  • カテゴリ: