熊本震災復興支援事業「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」の開催について

産学連携・イノベーション推進担当者 各位

                     国立研究開発法人 科学技術振興機構
                           イノベーション拠点推進部

【開催のご案内】熊本震災復興支援事業「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」の開催について
                   

 当機構が実施する事業の推進におきましては、平素よりご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、このたび、当機構では、本年4月に発生し、多大な被害をもたらした熊本地震の早期復興と、得られた教訓を全国の防災/産学連携の取り組みへ共有すべく、被災地熊本において「全国イノベーションコーディネータフォーラム2016」を開催いたします。
 現場の生の声を取り入れたプログラムに加え、復興に取り組む現地視察も予定しております。ぜひともご参加をご検討いただくとともに、関心を持ってくださいそうな関係者の皆様に広く展開していただけますと幸いです。

【ご参考】
  直前の11月28日(月)~29日(火)午前にかけて、同会場にて文部科学省主催「地域イノベーションシンポジウム2016 in 熊本」が開催予定です。

                 記

 期 間:2016年11月29日(火)~30日(水)
 会 場:メルパルク熊本 (熊本県熊本市中央区水道町14-1)
 参加費:無料(交流会:有料)
 主 催:国立研究開発法人 科学技術振興機構
 後 援:文部科学省、経済産業省、熊本県、熊本市、熊本大学
     全国イノベーション推進機関ネットワーク、独立行政法人 中小企業基盤整備機構、全国地方新聞社連合会(全て予定)
イベントHP http://www.jst.go.jp/tt/icf2016/

 <プログラム(概略抜粋)>
 (第1日目)
 11月29日(火)コーディネータフォーラム・交流会
 開会挨拶:濵口道成(科学技術振興機構理事長)
 来賓挨拶:文部科学省、蒲島郁夫(熊本県知事)、原田信志(熊本大学 学長)
 基調講演:秋冨慎司(防衛医科大学校 防衛教官 准教授)
            「災害医療を考える~禍福は糾える縄のごとし」
 事例紹介①:吉田和子(NPO法人りくカフェ理事)
       「人・出会い・絆-りくカフェ」地域の憩いの場を作りたい 
 事例紹介②:上石勲(国立研究開発法人 防災科学技術研究所気象災害軽減イノベーションセンター副センター長)     
       「熊本地震への防災科研の取り組み -生活再建支援と気象災害軽減-」
 被災地からの声
   ・府高隆(熊本県知事公室 政策調整監)「熊本地震からの復旧・復興について」
   ・松本泰道(熊本大学 理事・副学長)「産学官連携による熊本復興支援プロジェクトと地方創生」
   ・熊本県立宇土中学校・宇土高等学校、熊本県立熊本北高等学校、熊本県立第二高等学校
   登壇3校「熊本県 SSH校による発表」 
パネルディスカッション:「震災復興のための産学官連携ネットワーク」
        モデレータ:松本泰道(熊本大学 理事・副学長)
        パネリスト:池田哲也(熊本市政策局復興部復興総務課 主幹兼主査)
              大隈恵治(オオクマ電子株式会社 代表取締役社長)
             柿本竜治(熊本大学大学院先端科学研究部(工学系)
             エネルギー科学部社会基盤計画分野 教授・
             熊本大学学長特別補佐(熊本復興プロジェクト担当))
            松尾 洋(株式会社くまもと健康支援研究所 代表取締役)
            佐浦みどり(有限会社東北工芸製作所 常務取締役)
            佐々木淳(岩手県政策地域部科学ILC推進室 室長)
 閉会挨拶:後藤吉正(科学技術振興機構理事)
 交流会

 (第2日目)
 11月30日(水) 被災現場の視察
 熊本市内および近隣地域の被災状況と復興の現状視察を実施します。
 視察予定場所:熊本城周辺、熊本大学、益城町周辺

 【本イベントへのお申し込み】
 下記ホームページよりお申し込みをお願いいたします。
http://www.jst.go.jp/tt/icf2016/entry.html

 【本イベントに関する問い合わせ先】
 国立研究開発法人科学技術振興機構
 産学連携展開部 産学連携プロモーショングループ

 電話でのお問い合わせ
  03-5214-7519(受付時間:平日10:00-17:00)
 メールでのお問い合わせ
  ttevent「at」jst.go.jp ★「at」を@にご変更ください。

  <地域イノベーションシンポジウム事務局>
  株式会社リベルタス・コンサルティング 担当:関、五十嵐
   〒102-0085 東京都千代田区六番町2-14 東越六番町ビル2階
   電 話:03-3511-2161(直)
   FAX:03-3511-2162
   専用メールアドレス:r-innovation@libertas.co.jp

シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) 【開催案内:文部科学省】大学トップマネジメント研修公開セミナー~研究大学の将来と課題~(12/6(木)開催) (2018. 11. 14) 信州大学COIアクア・イノベーション拠点 第6回シンポジウムのご案内《東京開催・12/21(金)》 (2018. 11. 09) 【ご案内】電気通信大学シンポジウム「ネットワークを起点とした異分野協働」(11/29)のご案内 (2018. 11. 06) GAPFREEプロジェクト(産学連携、創薬研究プロジェクト)、AMED矢口主幹より周知依頼 (2018. 10. 30) 【募集】京都大学学術研究支援室(KURA)  URA(特定専門業務職員)を募集(11/26締切) (2018. 10. 30) フォーラム:拡げよう、データライブラリアンの輪~オンライン講座「RDMサービスの設計と実践」の開発と試用~ (2018. 10. 10) 「Human Frontier Science Program 説明会」について (2018. 09. 28) 【文部科学省】リサーチ・アドミニストレーター活動の強化に関する検討会 (2018. 09. 25) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では助教(URAキャリアパス)(工学系主担当)を募集します。 (2018. 09. 21) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では国際学術広報主担当URA(教授・准教授・助教)を募集します。 (2018. 09. 21) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では農学系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 09. 21) 横浜国立大学先端科学高等研究院特任教員(助教)公募 (2018. 09. 21) 【海外URA組織年次大会参加報告】「第24回EARMA年次大会セッション企画・開催」(2018年4月16日〜18日、ブリュッセル)[京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、広島大学] (2018. 09. 18) 学術研究フォーラム第9回学術シンポジウム「オープンサイエンスの展開」 (2018. 09. 12) OIST人材募集(契約業務) (2018. 09. 10) 【教員採用案内】徳島大学 産学連携コーディネーター (2018. 09. 05) OISTクロスカルチャー奮闘記 質問募集!(RA協議会第4回年次大会) (2018. 09. 04) 【大阪大学URA公募】「研究データ分析による大学経営支援」を中心とした複数業務担当/ 准教授・講師・助教相当 (2018. 08. 09) 平成30年度「戦略的国際脳化学研究推進プログラム」に係わる公募(二次公募) (2018. 08. 08) 日本学術振興会(JSPS)任期付職員採用情報(広報) (2018. 08. 03) 【長崎大学】リサーチ・アドミニストレーター(URA)を募集します (2018. 08. 03) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では農学系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 07. 30) 【URA再公募(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では国際学術広報主担当URA(教授・准教授・助教)を募集します。 (2018. 07. 17) (更新)筑波大学URA公募情報 (2018. 07. 10) 【JST未来社会創造事業】平成30年度研究開発提案募集のお知らせ (2018. 06. 20) リサーチ・アドミニストレーター協議会スキルプログラム専門委員会 「資格認証ワーキンググループ」報告書の公開について (2018. 06. 19) 【開催案内:文部科学省】「大学トップマネジメント研修」公開セミナー~大学改革の行方~(6/29(金)開催) (2018. 06. 15) 日本学術振興会分析調査員の公募について (2018. 06. 15) 日本初4日間EUグラントトレーニング(7月9日~12日)東京・大阪 (2018. 06. 05) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では文系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 06. 04)
-->