(3月9日開催)大阪大学第3回学術政策セミナー  「これからの国立大学改革」


平成16年4月の国立大学法人化以降12年が過ぎようとしています。この間、運営費交付金の削減等の変化を感じることはありますが、法人化時に国立大学はどのように変わることが期待されてきたのか、そして現在国立大学はどのようになることが期待されているのか、その期待に応えるためには構成員はどのよう意識をもち、行動しないといけないのかを立ち止まって考える機会は多くありません。今回は、このそもそもの所を「これからの国立大学改革」と題して参加者の方々と考えたいと思います。

まず、産業界から現在の国立大学はどのように見えているのか、また、どのように変わることが期待されているのかについて話題提供をいただきその認識を深めたいと思います。その後、大学が自ら考え、自ら行動するためにその構成員はどのような行動をとることが求められているのかについて話題提供いただき、参加者一人ひとりが自らの行動にどのように反映できるのかを考える機会としたいと思います。

・テーマ:これからの国立大学改革
・日 時:2016年3月9日(水)14時30分-17時15分
・場 所:大阪大学最先端医療イノベーションセンター棟1F マルチメディアホール
     http://www.comit.med.osaka-u.ac.jp/jp/access.html
・言 語:日本語
・備 考:要事前申込 http://osku.jp/v005

・内 容:
 講演1:国立大学改革への期待
 永里善彦(日本経済団体連合会 未来産業・技術委員会 産学官連携推進部会長)

 講演2:「コーポレート企画職の機能と体制」- 国立大学の論理的マネージメントの要 -
     -先見性と危機管理-
 高尾正敏(大阪大学 未来戦略機構 次世代研究型総合大学研究室 特任教授)

 全体討論:
 モデレータ:池田雅夫(大型教育研究プロジェクト支援室 統括マネージャー)

 詳細及び申込み方法:http://www.ura.osaka-u.ac.jp/news/201639.html

  • 記事作成者: 大型教育研究プロジェクト支援室(担当:高野、福島) メール:seminar@lserp.osaka-u.ac.jp  問い合わせ先一覧
  • 最終更新日:
  • カテゴリ:
-->