個人発表

個人発表表彰の受賞者が決定しました

大会参加者全員によるWEB投票(個人発表専用サイト上での「お気に入り」の数)により、以下の5件を表彰することに決定いたしました。

P-1-1 大西 将徳/京都大学
「京都大学学術研究支援室が目指すURA活動の戦略的活動アーカイブとその活用」

P-1-6 久保 琢也/信州大学
「R言語を用いたオンライン科研費分析ツールの開発− 研究力分析業務の効率化・高度化・民主化に向けて−」

P-2-6 菅井 佳宣/京都大学
「コロナ禍におけるオンラインイベント実施の取り組み」

P-2-7 伊藤 貴志子/筑波大学
「研究計画調書のライティング・マップ」

P-2-11 丸野 実歩/関西大学
「インハウスWebデザイナーの有用性」

受賞者には、後日、表彰状と記念品をお送りいたします。

個人発表専用サイトを開設しました。

下記のリンクより、参加登録時の受付番号、メールアドレスでお入りください。

個人発表専用サイト

発表者確定のお知らせ

第6回年次大会の個人発表の発表者が確定しましたので、お知らせいたします。

個人発表詳細

発表者募集

 本大会では、昨年度まで実施していた口頭発表とポスター発表を統合し、「個人発表」として大会専用ウェブサイト上において、オンラインでのポスター掲示(希望者は加えて説明動画の公開)を行います。 コアタイム中はオンライン会議室に発表者が待機し、参加者は自由にオンライン会議室を入退室して議論していただきます。
 つきましては下記の通り募集いたしますので「個人発表募集要項」をご覧の上、奮ってご応募ください。優秀な発表には表彰を予定しています。

発表応募資格

発表者がRA協議会の会員であること。
※会員でない方は、発表申込期限までに会員申し込みをお願いいたします。
RA協議会 会員申込はこちらをご覧ください。

発表申込

下記サイトよりお申込みください。

発表申込サイト:https://forms.gle/jCjq16BMf4URzzsw8

締切延長しました:2020年8月21日(金)

<主なスケジュール>
8月21日:発表申込締切
8月21日頃:発表者確定およびホームページでの掲載
8月24日~9月4日:発表資料の登録

Last update : Sep 19, 2020