リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

リサーチ・アドミニストレーター協議会 2016年度 年次大会のご案内(福井開催)

リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会 2016年度年次大会を、2016年9月1日(木)2日(金)の 2 日間、福井駅前AOSSAで開催します。

年次大会特設サイトは こちら です

top.gif
リサーチ・アドミニストレーター協議会からのお知らせ

文部科学省 科学技術・学術政策研究所による講演会を、下記のとおり開催致します
ので、御案内申し上げます。
参加希望の方は、お手数ですが、下記の参加申込み別に御氏名・御所属を期限までに
御登録ください。
なお、会場の都合により参加者を調整させていただく場合がありますので、予め御了
承ください。

        記

当研究所では、2005年より毎年、科学技術の振興・普及への顕著な貢献をされた方々
を「ナイスステップな研究者」として選定しております。今年度は、昨年12月に「ナ
イスステップな研究者2015」として選定された方々から、優れた研究活動や、特色の
ある取組などについて、御紹介いただきます。

【第2回】
日時:2016年7月 8日(金)14時00分~16時30分(受付開始13時30分)
場所:文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室(東京都千代田区霞が関3-2-2
中央合同庁舎第7号館東館16階)
講師及び演題:
 栗原 晴子(琉球大学 理学部海洋自然科学科 助教授)
 「海洋生物の観察による、地球規模で進行する海洋の温暖化及び酸性化の把握」
 清水 健太郎(チューリッヒ大学 進化生態ゲノミクス部門長・教授)
 「変動環境における野生・栽培植物の急速な進化」
 高木 宏樹(公益財団法人岩手生物工学研究センター ゲノム育種研究部 主任研究
員(現:石川県立大学 助教授))
 「汎用的な遺伝子解析技術による、過酷環境下でも育種可能な植物の開発」

【第3回】
日時:2016年7月22日(金)13時30分~17時00分(受付開始13時00分)
場所:科学技術振興機構(JST)東京本部別館(K's 五番町)1 階大会議室(東京都千
代田区五番町7)
講師及び演題:
 松尾 豊(東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略学専攻 准教授)
 「人工知能の未来 -- ディープラーニングの先にあるもの--」
 齊藤 元章(株式会社PEZY Computing 代表取締役社長)
 「(仮)独自開発の大規模メニーコアプロセッサーと液浸冷却技術による高い電力
効率を達成したスーパーコンピュータの実現」
 高橋 祥子(株式会社ジーンクエスト 代表取締役、東京大学大学院農学生命科学研
究科 特定研究員)
 「遺伝子研究に基づく大規模かつ信頼性あるデータを提供する、日本人向け国内最
大級の遺伝子解析サービス会社の在学中起業」
 福田 真嗣(慶應義塾大学先端生命科学研究所 特任准教授、株式会社メタジェン
代表取締役社長CEO)
 「茶色い宝石が切り拓く病気ゼロの社会」

○講師略歴等
以下のサイトを参照願います。
< http://www.nistep.go.jp/activities/nistepaward/nicestep2015 >

○講演内容についてのお問合せ先:
科学技術・学術政策研究所 企画課(担当:佐野、佐藤)
Tel:03-3581-2466
e-mail:ksano@nistep.go.jp, h7sato@nistep.go.jp

○講演会の参加申込み先:
科学技術・学術政策研究所 企画課(担当:米田、岡本)
Tel:03-3581-2466
第2回URL: http://www.nistep.go.jp/n2015-2 ※申込み締切り:2016年7月 5日
(火)17時
第3回URL: http://www.nistep.go.jp/n2015-3 ※申込み締切り:2016年7月 20日
(水)17時

下記のイベントにつき、お知らせいたします。

開催趣旨

大学内部の多様な業務に従事する人々が、高度かつ専門的な能力を発揮する必要性と可能性が高まっています。URA 、IR 、評価、教育企画、学生支援、入試、国際化 ... など、そうした領域は広がりを見せています。しかし、こうした人材に求められる具体的能力やそのキャリア形成プロセスはまだ顕在的なものにはなっておらず、過渡的状況にあります。これらは、大学経営・政策コースをはじめとする大学院レベルの高等教育プログラムのあり方とも関連する課題です。現在、広島大学でシニアURA として研究支援活動に従事し、米国では国際化の専門職を担うなど、豊富な経験をお持ちの三代川氏をお招きし、日米比較を軸に、リサーチアドミニストレーターをはじめとする大学内専門職の現状と将来像について議論します。

司会:福留 東土(東京大学大学院 教育学研究科 大学経営・政策コース 准教授)

  • 講師: 三代川 典史氏(広島大学シニア・リサーチアドミニストレーター)
  • 日時:2016年6月11日(土)18:45~20:45
  • 会場:東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟 A200 教室
    詳しいアクセスはこちらをご覧ください http://www.p.u-tokyo.ac.jp/cg
  • 資料準備の関係で、参加を希望される方はできるだけ事前に上記までメールにてご連絡下さい。当日参加も可能です。
  • セミナー終了後は、講師の三代川氏を囲んで会場近くで食事をしたいと思います。参加を希望される方は合わせてお知らせ下さい。

詳しい情報はこちらをご参照下さい。http://ump.p.u-tokyo.ac.jp/crump/cat84/post-32.html

 チラシのダウンロード

民間助成金の獲得に向けた留意点
―民間助成財団と助成について―

日 時:2016 年8月4日(木) 14:00~17:00(17:30 より交流会)
会 場:テレコム先端技術研究支援センター [SCAT] A会議室 (東京都新宿区)

                                2016 年 6 月 6 日
                      主催:(公財)助成財団センター [JFC]

民間助成財団による助成金は、現在、全体としておよそ 1000 億円強と見込まれています(JFC2015 年調査による)。これらの助成金は、科学研究費補助金(科研費)をはじめとする国の競争的資金とは異なり、「民 間」故の独自で多様な性格を有しています。一方、全国の大学や研究機関においては、近年「外部資金」への依存度を高めつつあり、これに関連する専門部署やセクションが其々に整備されつつあります。
そこで、多くの民間助成財団等を会員とするJFCでは、大学や研究機関における研究推進/支援の業務 に携わっておられる方々を対象に、民間助成金の獲得に向けた必要な知識や情報を提供すると共に、参加者相互の交流を目的とした研修交流会を表題の通り開催いたします。今回は、講義に続き内藤記念科学振興財 団の助成事業に関する報告も予定しています。皆様の今後の業務にとってはもちろん、助成を希望する教員や研究者の方々にとっても大いに参考となる内容です。ぜひ、ご参加ください。

申込方法:下欄の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX またはメールにてご返送ください。
申込締切:7月28日(木) 定員:20名(先着順)
研修交流会参加費:お一人 9,000 円(研修会費:6,000 円、交流会費:3,000 円 [食事代のみ])
⇒ 7月29日までに、下記口座へお振込ください。
[三井住友銀行 新宿西口支店(普)5541320 口座名・公益財団法人 助成財団センター]
キャンセルについて: 開催 3 日前までの場合は振込手数料を除いた入金金額を払い戻しいたし ますが、それ以降(2 日前から)は払い戻しいたしませんので、予めご了承ください。

詳細・参加申込書(PDF)
 http://www.jfc.or.jp/wp-content/uploads/2013/04/160804kenshu.pdf

助成財団 研究者のための助成金応募ガイド2016
応募ガイド2016(研究).pdf


公益財団法人 助成財団センター 〒160-0022 東京都新宿区新宿 1-26-9 ビリーヴ新宿 4F
TEL:03-3350-1857 FAX:03-3350-1858 http://www.jfc.or.jp e-mail:pref@jfc.or.jp

   

下記のイベントにつき、独立行政法人 日本学術振興会 研究事業部 研究事業課 人文社会係の彌冨様より情報を頂戴しましたので、お知らせいたします。


日本学術振興会が平成25年度に人文学及び社会科学の振興を目的として立ち上げた、トップダウン型の競争的研究費助成事業「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」の成果公開シンポジウムおよび公募説明会のご案内です。

このシンポジウムでは、本事業において平成25~27年度にかけて実施された「実社会対応プログラム」に関する研究者2人による共同研究の成果のご講演のほか、共同研究に研究分担者として参加された実務者を招き、「今後の人文学・社会科学分野における研究者と実務者との協働のあり方を考える」と題したパネルディスカッションが予定されています。

シンポジウム終了後には、今年度公募が行われる本事業「グローバル展開プログラム」の説明会も開催します。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。

シンポジウム・公募説明会の開催概要

http://www.jsps.go.jp/kadai/symposium.html

「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」(実社会対応プログラム)成果公開シンポジウム~「学術への要請と社会的貢献」の視点からの先導的な共同研究~

  • 主催:独立行政法人 日本学術振興会
  • 日時:平成28年8月25日(木)13:00~17:00
  • 場所:東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
  • 内容:
  • 13:00~13:30
    受付
    13:30~13:50
    挨拶/本事業の紹介
    13:50~14:35
    講演 1 「少子化対策に関わる政策の検証と実践的課題の提言」(仮題)阿部正浩 中央大学教授
    14:35~15:20
    講演 2 「短期賃貸借保護制度撤廃による不動産競売市場・規制改革の効果分析」(仮題) 福井秀夫 政策研究大学院大学教授
    15:20~15:35
    休憩
    15:35~16:55
    パネルディスカッション「研究者と実務者との協働の在り方について」

    モデレーター

    • 山岸俊男 一橋大学特任教授

    パネリスト

    • 阿部正浩 中央大学教授
    • 中井雅之 厚生労働省職業安定局雇用政策課長
    • 福井秀夫 政策研究大学院大学教授
    • 吉田修平 弁護士
    • 瀧澤美奈子 科学ジャーナリスト
    16:55
    閉会
    17:00~17:30
    平成28年度公募説明会

平素より大変お世話になっております。
文部科学省 産業連携・地域支援課 大学技術移転推進室でございます。

このたび、以下のとおり、シンポジウム「イノベーション創出を促進する大学の知
的財産マネジメント
~大学の成長とイノベーション創出の実現に向けて~」を開催することになりまし
たので、御案内いたします。

本シンポジウムでは、大学執行部を含む産学官の関係者が参集し、
上記報告書で取り上げられた大学の知的財産マネジメントの在り方を共有するとと
もに、
それを実現する今後の具体的な取組みについて意見交換を行います。

今後の知財マネジメントに関する支援の方向性についても議論していく予定です。

つきましては、参加を御希望される場合は、以下参加申込み方法を御確認の上、
6月24日(金)正午までにお申し込みくださいますよう、お願い申し上げます。


                     記

◆◆シンポジウム◆◆
イノベーション創出を促進する大学の知的財産マネジメント
~大学の成長とイノベーション創出の実現に向けて~


●概要
日時: 平成28年6月27日(月)13:00~17:20 (受付:12:3
0開始予定)
場所: 芝浦工業大学豊洲キャンパス 交流棟6階大講義室
主催: 文部科学省、(国研)科学技術振興機構
参加費: 無料

●趣旨
 文部科学省では、オープン&クローズ戦略時代の大学知財マネジメント検討会に
おいて、
本年3月に報告書「大学の成長とイノベーション創出に資する大学の知的財産マネ
ジメントの在り方について」をとりまとめ、
イノベーション創出を促進する大学の知的財産マネジメントの基本方針や、
大学経営レベルで知的財産マネジメントを検討する必要性等を提示しました。
 本シンポジウムは、大学執行部を含む産学官の関係者が参集し、
上記報告書で取り上げられた大学の知的財産マネジメントの在り方を共有するとと
もに、
それを実現する今後の具体的な取組みについて意見交換することを目的として開催
します。

●プログラム
添付案内を参照

●参加申込
https://form.jst.go.jp/enquetes/chizai_sympo
(定員300名程度、先着順)

●お問い合わせ:
科学技術振興機構 知的財産マネジメント推進部 企画課
TEL:03-5214-8477
チラシ
http://www.jst.go.jp/chizai/news/doc/chizai_sympo_h28_pamphlet.pdf?160525

文部科学省 科学技術・学術政策研究所による講演会を、下記のとおり開催致します
ので、御案内申し上げます。今年は、6月7日(火)、7月8日(金)、7月22日(金)
の3回に分けて開催の予定です。お手数ですが、第1回講演会に参加を希望される方は
御氏名・御所属を2016年6月6日(月)17時までに、下記の参加申込み先に、予め御連
絡いただきますようお願い申し上げます。
なお、会場の都合により参加者を調整させていただく場合がありますので、予め御了
承ください。

    記
○演題:「近未来への招待状 ~ナイスステップな研究者2015からのメッセージ
~」

○第1回講演会の講師:
 内田 健一 東北大学 金属材料研究所 准教授
 大山 睦  一橋大学イノベーション研究センター/商学研究科 准教授
 竹井 邦晴 大阪府立大学 電子物理工学科 助教
 山西 陽子 九州大学 大学院工学研究院 機械工学部門 教授

○日時:
第1回:2016年6月 7日(火)14時00分~17時30分(受付開始13時30分)
第2回:2016年7月 8日(金)14時00分~16時30分(受付開始13時30分)
第3回:2016年7月22日(金)13時30分~17時00分(場所調整中)

○第1回及び第2回講演会の開催場所:
 文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室
 (東京都千代田区霞が関3-2-2 中央合同庁舎第7号館東館16階)

○講演趣旨:
当研究所では、2005年より毎年、科学技術の振興・普及への顕著な貢献をされた方々
を「ナイスステップな研究者」として選定しております。今年度は、昨年12月に「ナ
イスステップな研究者2015」として選定された方々から、優れた研究活動や、特色の
ある取組などについて、御紹介いただきます。
第1回では、ナイスステップな研究者2015として選定された4名の講師により、「スピ
ンゼーベック効果の発見と新機能エネルギー変換デバイス原理の実証」、「科学者の
キャリア選択に関する経済理論モデルの開発・提案」、「ヘルスケアに向けた無機系
ウェアラブルデバイスの作製と基本動作の実証」及び「針のない注射器の実現に向け
た、マイクロ流体を用いたインジェクション技術の開発」の4つのテーマについて、
御紹介いただきます。

○第1回講師経歴:
内田 健一 東北大学 金属材料研究所 准教授
東北大学大学院理学研究科物理学専攻 博士課程修了後、東北大学金属材料研究所助
教を経て、2014年より現職。

大山 睦  一橋大学イノベーション研究センター/商学研究科 准教授
ニューヨーク州立大学バッファロー校経済学専攻 博士課程修了後、北海道大学経済
学研究科准教授を経て、2015年より現職。

竹井 邦晴 大阪府立大学 電子物理工学科 助教
国立豊橋技術科学大学大学院電子情報工学専攻 博士課程修了後、カリフォルニア大
学バークレー校、ローレンスバークレー国立研究所及び東京大学理学部化学科博士研
究員を経て、2015年より現職。

山西 陽子 九州大学 大学院工学研究院 機械工学部門 教授
ロンドン大学インペリアルカレッジ機械工学科熱流体専攻 博士課程修了後、東北大
学大学院工学研究科バイオロボティクス専攻 助教、芝浦工業大学工学部機械工学科
准教授などを経て、2016年より現職。

○講演会の参加申込み先:
科学技術・学術政策研究所 企画課(担当:米田、岡本)
Tel:03-3581-2466
URL: http://www.nistep.go.jp/n2015-1
※申込み締切り:2016年6月6日(月)17時

下記のイベントにつき、一般社団法人学術英語学会 代表理事の崎村耕二様より情報を頂戴しましたので、お知らせいたします。

==

リサーチ・アドミニストレーションにおける英語サポートの重要性を考えます。 研究者の英語をどのように支えるかという問題をめぐって,現実の場面ではどのようなことが起きているのでしょうか。そして,山積する「英語の諸問題」に対処するために,研究支援・推進組織ではどのような努力が積み重ねられているのでしょうか。いま関心を呼びつつあるリサーチ・アドミニストレーター(URA)の役割の中に,英語サポートの機能はどのように位置づけられるべきでしょうか。本大会では,まずURAの実態を知ることから始め,その積極的意義づけ,そして将来の展望を広げるきっかけを作りたいと考えます。そのために,午前の部(多様なテーマでの口頭発表)の後,午後の部として,URAと深いかかわりのある方々による基調講演,招待講演,パネルディスカッションを行います。

Tweet