NCURA発行のリサーチ・アドミニストレーションに関する概要を説明した冊子,「The Role of Research Administration」の翻訳版は事務局までお問い合わせください。
RA協議会第4回年次大会のホームページを公開しました。

http://www.rman.jp/meetings2018/

RA協議会年次大会実行委員会事務局の神戸大学 学術・産業イノベーション創造本部 学術研究推進部門のWeb担当です。

この度、新たに、RA協議会第4回年次大会のHPを公開しました。年次大会についてのお知らせは、こちらのサイトで行いますので、ご確認いただきましたら幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

リサーチ・アドミニストレーター協議会参画のお願い

リサーチ・アドミニストレーター協議会会長 山崎 光悦

現在、我が国の学術研究において、国際競争力を有する大学・研究機関(以下「大学等」という)の層を厚くすることが強く求められ、関連の施策が進められています。教育基本法の改正で、社会的な活動もミッションとして位置付けられたように、大学等が国内外において、その社会的な存在価値を高めていくことが求められています。このような要求に応えていくためには、研究者の負担軽減に資する各種の支援業務を充実するとともに、長期的,かつ、幅広い視点を持って、研究戦略に基づく実効ある研究体制・環境を構築すること及びそれを実現する組織体としての大学経営を実施することが不可欠です。

近年の我が国の施策により、大学等における新しい専門的な職種としてリサーチ・アドミニストレーター(以下「URA」という)の導入が進んでいます。URAの具体的な業務は大学等によって異なっていることから、URA実務者の業務実施能力の向上、人材育成の進め方、また、個々の大学等の特性を踏まえたURA組織の在り方、キャリアパスについても多方面での取組みが求められています。このような状況に鑑み、各機関が取り組んでいるリサーチ・アドミニストレーション組織の定着・展開に向けて、それらを担う人材の育成・能力向上、課題の共有や解決についての情報交換を促し、研究力強化への貢献、学術及び科学技術の振興並びにイノベーションへの寄与を目的としたネットワーク組織「リサーチ・アドミニストレーター(RA)協議会」を設立しました。

RA協議会は、次のような活動を中心に行っていく予定です。

  • 会員間の業務連携に資する活動、全国的な体制の構築及び運営
  • 人材育成等を目的とした研究会、講習会の開催等及び能力の認定
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務に関する情報交換等の促進、情報発信
  • 国内外の諸団体等との連絡、交流、対話、協力及び提携
  • 大学等のリサーチ・アドミニストレーション業務の啓発及び普及活動

URAの活動は、研究者のように個人的な活動に留まるものではなく、研究組織・機関全体の研究活動に資するものです。したがって、所属組織の理解と協力の下、本協議会が実施する諸活動に参加することが望ましいと考えています。このことから、本協議会においては、研究組織・機関を対象とした組織会員を主たる会員として位置付けたいと考えています。現在、14 機関が組織会員として参画しており、その他にも複数の大学から参画予定とのご連絡をいただいています。 個人会員も募集中です。

ついては、本協議会の趣旨にご賛同いただき、会員としてご参画いただきたく、お願い申し上げます。

入会のご案内はこちら

リサーチ・アドミニストレーター協議会発足に向けて(設立以前の参考資料)

リサーチ・アドミニストレーター協議会からのお知らせ

科学技術振興機構(JST)の未来社会創造事業では、探索加速型および大規模プロジェクト型について、平成30年度研究開発提案の募集を開始いたしました。

募集の詳細はこちらから:
http://www.jst.go.jp/mirai/jp/open-call/research/h30/

[募集期間]:6月12日(火)~7月31日(火)
[お問い合わせ]:科学技術振興機構(JST)未来創造研究開発推進部
E-mail : kaikaku_mirai@jst.go.jp

未来社会創造事業は、科学技術により「社会・産業が望む新たな価値」を実現する研究開発プログラムです。経済・社会的にインパクトのある目標を定め、基礎研究段階から実用化が可能かどうか見極められる段階に至るまでの研究開発を実施いたします。

【詳細情報】 http://www.jst.go.jp/mirai/

平成30年度は、探索加速型として、既存4領域※に加え新たに共通基盤技術に関する領域を設定し、合わせて10の重点公募テーマにて募集いたします。
大規模プロジェクト型では、3つの新規技術テーマについて募集いたします。

尚、公募期間中には、募集説明会を、6月中旬より全国12都市で開催いたします。
また、募集案内ページでは、運営統括によるメッセージ動画の公開を行っておりますので、研究開発提案の参考としてください。

ご関心のある多くの方々のご提案をお待ちしております。

※既存4領域:「超スマート社会の実現」、「持続可能な社会の実現」、
       「世界一の安全・安心社会の実現」、「地球規模課題である低炭素社会の実現」

★本件に関するお問い合わせ先

科学技術振興機構(JST)未来創造研究開発推進部
E-mail:kaikaku_mirai@jst.go.jp

日時:2018年6月29日(金)13:00〜17:00(開場:12:30)
会場:政策研究大学院大学1階想海樓ホール(アクセス:http://www.grips.ac.jp/jp/about/access/
参加費:無料(事前登録制)
詳細はこちら http://ttm.grips.ac.jp/?p=581
開催案内(第1回公開セミナー).pdf

 独立行政法人日本学術振興会(学振)は、平成30年4月に創設した学術情報分析センターにおいて分析業務等に従事していただく分析調査員(任期付・年俸制)の公募を行いっています。

 公募の詳細については学振ホームページの以下のサイトを御参照ください。
http://www.jsps.go.jp/saiyou/index4.html

EURAXESS・Japan様からの情報をシェアします。

今年は日本で初めて、EUからのグラントトレーナーを招いて、本格的な研究者個人用EUグラントの書き方のトレーニングを、4日間を通じて開催します。

RA協議会メンバーのURAや、各機関の研究者に役立つイベントになれるように、協議会内にイベント情報を転送していただくことは可能なのでしょうか?

以下テンプレートメッセージを添付いたします。 よろしくお願いいたします。

===== For dissemination: *'Grants In Practice 2018' Multi-day workshop training on EU grant writing for individual researchers* =====

Ever wondered how to fund a postdoc, a research stay or a sabbatical in Europe?How to invite a European researcher to your lab?the MSCA-IF grants are for you!Ever wanted to create your own research team in Europe,receive millions of Euro in research funding and being able to administrate it yourself? The ERC grants are for you! Yes, but... How do I apply? Is my research project appealing enough? What about the success rate? How to write a grant application? EURAXESS Japan organises a multi-day event, bringing especially to Japan for the occasion two professional trainers in grant writing from Europe and dedicating, once in Tokyo, once in Osaka, one full day to train local researchers on each grant scheme.

*When and Where?*

MSCA IF training: 9 July in Tokyo (EU Delegation) / 11 July in Osaka (KanDai MeRISE Umeda) ERC training: 10 July in Tokyo / 12 July in Osaka

*Who can attend?*

PhD students, postdocs and researchers, professors (no age limit!), research administrators and managers most welcome! All disciplines including humanities and social sciences! Free entry, registration required.

*More info*:

https://bit.do/GIP2018Japan *JPG poster*: https://cdn2.euraxess.org/sites/default/files/domains/japan/gip2018_9-12_july_tokyo_osaka.jpg

 平素より科学技術・学術政策研究所の活動に、御支援、御協力をいただきまして、感謝申し上げます。

文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP)による講演会を、下記のとおり開催致しますので、御案内申し上げます。参加希望の方は、お手数ですが、下記の参加申込み別に御氏名・御所属を期限までに御登録ください。
なお、会場の都合により参加者を調整させていただく場合がありますので、予め御了承ください。

  記

本講演では、昨年11月にナイスステップな研究者2017」として選定された方々に、優れた研究活動や、特色のある取組などについて、御紹介いただきます。今年は、5月23日(水)、6月19日(火)、7月18日(水)の3回に分けて開催します。

場所:文部科学省 科学技術・学術政策研究所会議室
(文部科学省 中央合同庁舎第7号館東館16階16B)
言語:日本語
定員:約100名 参加費:無料 
登録先URL:
第1回: http://www.nistep.go.jp/n20180523 ※締切り:5月21日(月)17時
第2回: http://www.nistep.go.jp/n20180619 ※締切り:6月15日(金)17時
第3回: http://www.nistep.go.jp/n20180718 ※締切り:7月13日(金)17時


第1回:5月23日(水)14:00-16:25@NISTEP会議室
講師及び演題
 和田 義英:国際応用システム分析研究所 (IIASA) 水資源プログラム プログラム長代理
「地下水の利用可能量を示す、地球規模の水資源モデルの開発」
 千葉 大地:東京大学 大学院工学系研究科物理工学専攻 准教授
「磁石の「状態」を電気的に自在にスイッチできる原理と技術の実証」
 山口 潤一郎:早稲田大学 理工学術院 教授
「分子をつなぐ、人をつなぐ:分子合成の新たな可能性探索と化学ポータルサイト運営によるコミュニティー形成」

第2回:6月19日(火)14:00-17:25@NISTEP会議室
講師及び演題
 ルガル・フランソワ:京都大学大学院 情報学研究科通信情報システム専攻 特定准教授
「高度情報化社会を支える高速計算アルゴリズムの開発」
 髙木 泰士:東京工業大学 環境・社会理工学院 融合理工学系 准教授
「アジアなど開発途上国における沿岸域防災研究とアウトリーチ」
 金 天海:岩手大学 理工学部 システム創成工学科 准教授/株式会社エイシング社 最高技術責任者
「人工知能アルゴリズムDeep Binary Treeを用いた漁船の自律安定化」
 加藤 真平:東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授/株式会社ティアフォー 創業者・取締役兼最高技術責任者
「完全自動運転システムの基本ソフト(OS)「オートウエア(Autoware)」の開発とオープンソース化」

第3回:7月18日(水)14:00-17:25@NISTEP会議室
講師及び演題
 三浦 恭子:熊本大学 大学院生命科学研究部 老化・健康長寿学分野/大学院先導機構 准教授
「長寿・がん化耐性ハダカデバネズミ由来iPS細胞における腫瘍化耐性のメカニズム」
 髭 俊秀:ノースカロライナ大学チャペルヒル校 准教授
「ショウジョウバエの嗅覚学習をモデルとした、学習による行動変化の脳内メカニズムの解明」
 江間 有沙:東京大学政策ビジョン研究センター特任講師/国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター 客員研究員
「人工知能などの最先端科学技術と社会との関係を考える-科学技術と社会の「共創」を推進-」
 西田 敬二:神戸大学大学院 科学技術イノベーション研究科 教授/株式会社バイオパレット 取締役
「DNA塩基書き換えによる切らないゲノム編集(Target-AID)」

○講演内容についてのお問合せ先:
科学技術・学術政策研究所 企画課(担当:葛谷、佐藤)
Tel:03-3581-2466
e-mail:seminar-pld-inquiry@nistep.go.jp

シェア(みなさまから頂戴したイベント案内等) (更新)筑波大学URA公募情報 (2018. 07. 10) 【JST未来社会創造事業】平成30年度研究開発提案募集のお知らせ (2018. 06. 20) リサーチ・アドミニストレーター協議会スキルプログラム専門委員会 「資格認証ワーキンググループ」報告書の公開について (2018. 06. 19) 【開催案内:文部科学省】「大学トップマネジメント研修」公開セミナー~大学改革の行方~(6/29(金)開催) (2018. 06. 15) 日本学術振興会分析調査員の公募について (2018. 06. 15) 日本初4日間EUグラントトレーニング(7月9日~12日)東京・大阪 (2018. 06. 05) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では文系主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 06. 04) (情報・システム研究機構)NII学術情報基盤オープンフォーラム 「SINET5―共に考え共に創る学術情報基盤を―」 (2018. 06. 01) 講演会「近未来への招待状 ~ナイスステップな研究者2017からのメッセージ~」(5月23日、6月19日、7月18日)開催の御案内 (2018. 06. 01) 【URA募集(任期付・無期転換制度あり)】信州大学では理系主担当URA(助教)と知的財産主担当URA(助教)を募集します。 (2018. 05. 29) 日本科学未来館 科学コミュニケーター募集 (2018. 05. 28) 【信州大学・長野県 6/19(火)】地域イノベーション・エコシステム形成プログラム「第1回公開シンポジウム 兼 信州イノベーション・エコシステム研究会」 (2018. 05. 25) 量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所 任期制常勤職員(技術職)公募 (2018. 05. 23) 【ご案内】 H30年度社会還元加速プログラム(SCORE)公募開始・説明会につきまして 【JST事業】 (2018. 05. 18) (開催案内)第4回JINSHA情報共有会「研究推進・支援に役立つ資料リスト2018を作ろう--視野を広げ、より良い仕事をするための知識とは」【「人文・社会科学系分野を入り口に」編】 (2018. 05. 16) 「科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム」平成30年度研究提案募集のお知らせ (2018. 05. 07) プログラム・マネージャー(PM)の育成・活躍推進プログラム 平成30年度 研修生の募集について (2018. 05. 02) 【5月8日開催】CoPURA分科会 ロッテ財団 研究助成事業 制度説明会を開催します (2018. 04. 25) 【お知らせ】京都大学学術研究支援室(KURA)のWEBサイトリニューアル (2018. 04. 06) RA協議会組織内個人会員(新規入会)の新任研修受講申込について (2018. 04. 04) 徳島大学 研究支援・産官学連携センター(産学連携コーディネーター)教員公募 (2018. 04. 03) 【開催案内】ARMS主催 The Asia-Pacific Dialogue 2018 (シンガポール) (2018. 04. 03) リサーチ・アドミニストレーター新任研修のご案内 (2018. 04. 02) 広島大学 リサーチ・アドミニストレーター 公募 (2018. 03. 30) 大阪大学共創機構産学共創本部 産学官連携コーディネータ(常勤)公募 (2018. 03. 23) 戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ・ACT-I)における平成30年度研究提案募集について (2018. 03. 23) 横浜国立大学先端科学高等研究院特任教員(助教)公募 (2018. 03. 08) Next Innovators Network meeting について (2018. 02. 26) 【開催案内】「ORCID勉強会@横浜みなとみらい」を開催します。(3月13日開催) (2018. 02. 19) 日本学術振興会分析調査員の公募について (2018. 02. 13)
-->